Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

亡くなった人(父や母)の印鑑はどうしたらよい?供養する?

僕の両親はまだ亡くなっていないのですが、
もし亡くなったら、お葬式に呼んで欲しい友人知人リストは、
絶対に作って置くように頼んでいます。

 
亡くなって数年してから、
昔、仲良かった人が聞いたら、

 

イヤでしょ。

 

そう思っていたら、亡くなった人の
印鑑ってどのように処分するのか?

 
亡くなる前から、亡くなった後の事を考えなくてもって、
思うかもしれませんが、亡くなったら、

耳を傾け意見を伺う事はできないから、
生きてる内に知っておいたほうが、良いんです。


印鑑を処分する場合は、
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
こちらを御覧ください。

 

再利用する

印面を削ってもらって、再利用する方法もあります。

苗字だけのものなら、認印などで、
そのまま使用することも出来ます。
 

どちらがオススメかといわれると、
印鑑には、気が宿るといわれていて、
削ったりするのは、自身を削る行為に当たるそうなので、

再利用する場合は、苗字だけのものにしましょう。

実印でも、亡くなった時点で、
実印としての効力はなくなるそうなので、安心して下さい。

 

それ以外の方法

形見として置いておく。

 
やはり、処分するというのは、
少し味気なく感じるし、心が痛みますよね。

 
それなら、いっそのこと形見として置いておくのも良いですね。

 

この時、印面を削ってする人もいれば、
全く形を変えて(アクサせりーの一部)身に付ける人もいるようです。

 
僕は、アクセサリーにして欲しいです。

 
亡くなった人のものだからこそ、大切にしていきたいですね。

はんこの処分はここに注意★
安心で安全な方法は?

はんこの処分

コメントを残す

このページの先頭へ