Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

実印を買うタイミングはいつ

実印は、どんなタイミングで使うのか?
そもそも、疑問がありますね。

それに現在は、印鑑を押すという回数自体が、
少なくなってきているのでなおさらです。

僕の場合は、成人する前に親から
『今後必要になるから』と、
プレゼントされました。

この時、僕は

『ふ~~~ん・・・貰えるならもらっとくか』

ぐらいにしか思ってなかったんですが、
やっぱり活躍しますね。

一般的に、どのようなタイミングで、実印を購入するのか、調査してみました。

実印を使うタイミング

使うタイミングから逆算すれば、
購入するタイミングもわかるはずですね。

なので、使うタイミングを抑えておきましょう。

多額の現金のやり取りが発生する契約
(不動産、自動車、遺産相続など)
マンションの一室を借りる賃貸契約でも必要ですね。

入学の手続きに必要なケースもあるそうです。
本人の物が必要でない場合の方が多いと思います。

就職先で雇用契約を結ぶ際。
公正証書の作成など、(借金の連帯保証人も実印が必要)(多額の金銭貸借など)
法人(会社)の設立などなど。

購入タイミング

一般的にみて多いと感じるものをピックアップすると、

高校、大学の卒業時

大学や就職で実家から離れて一人暮らしをスタートする時に、
マンションなどの賃貸契約の時に必要だからですね。

成人した時

成人して親元を離れて一人暮らしをスタートする時に、
マンションなどの賃貸契約の時に必要だからですね。

他には、車を購入するからといったケースもあります。

結婚するとき

女性と男性では、使う用途が違いますので、男性と女性にわけて説明します。

男性

住宅の契約に必要ですね。
他には、車の購入、生命保険の加入などです。
固定電話の契約にも必要になる場合があります。

男性は必須なんで、婚姻届を役所に婚姻届を
届ける時に印鑑登録はした方がいいですね。

女性

男性が持っていれば、契約は男性のものを使えばいいので、
特に必要ありません。

もし、女性が実印を作るなら、注意した方が事があったので、まとめてみました。

女性必見!実印を購入するときの注意点

女性は、結婚すると性が変わる場合がほとんどです。
ですから、実印を作るのでしたら、名前のみで作っておくと
結婚してからでも使えます。

それに、万が一離婚したとしても、
使えますので作るのでしたら、
名前のみの方が良いという意見もありました。

購入タイミングまとめ

やはり購入する時期は、人それぞれです。

必要になったタイミングで購入している場合がほとんどです。

総合的にみると、成人したら必要になる場面が増えるので、
実印を作っておく方がいざ必要になった時にバタバタしないので
いいのではないでしょうか。

コメントを残す

このページの先頭へ